• 3週間で不登校解決
不登校について⼀⼈で悩まれていないでお気軽にご相談ください。

YouTubeで不登校を学ぶ

【質問回答】不登校の子供が親の話を聞かない場合の対応は?

読了予測時間 : 約 0 分 47 秒

今回は、不登校でお悩みの親御さんからの「子どもに話をしても全然聞いてくれないのですが、子どもに響く伝え方はありますか?」 という質問にお答えしていきます。
ぜひ最後までご覧ください!

---

↓以下、動画の台本になります。動画ではなくテキストでご覧になりたい方は以下をご参照ください。
(台本は動画を作成する際にメモとして残しているもののため、一部誤字脱字や表現が雑な部分もあります。その点はご了承いただけますと幸いです。)

---以下台本です---

スダチ(旧逸高等学院)の小川です。
今回は、不登校でお悩みの親御さんからの質問にお答えしていきます。

現在不登校でお悩みの親御さん、大丈夫です、必ずすぐに学校に戻れますのでご安心ください。

早速質問を読みあげていきます。「質問です。子どもに話をしても全然聞いてくれないのですが、子どもに響く伝え方はありますか?」

これはよくある質問ですね。親御さんがお子さんのことを思って渾身のアドバイスをしているのに、子供が全然聞く耳を持っていないというのはあるあるですね。

おすすめな方法は、話を始める前に「1つアドバイスしたいことがあるんだけど聞いてくれる?」と伝えることです。

このように質問をすることで、お子さんに話を聞く意思があるかを確認することができます。また一度質問を投げかけることで、子どもはいつもより親御さんの話に意識を向けるようになり、結果アドバイスが今までよりも伝わりやすくなります。もし反応が悪く「今伝えても響かないかもしれないな…」と親御さんが感じた場合は、「やっぱりまた聞く気になったらで良いや。その時また教えて!」と敢えて何も言わないという対応も良いかと思います。

子どもは親から押し付けられるものには反発する傾向にあります。勉強しなさいと言われるほど、子供が勉強嫌いになるのと同じだと思ってください。
アドバイスも押し付けにならないように意識することが大事です。無理に押し付けないという態度でいると、子どもは逆に興味を持って「なになに?」と聞いてきたりするものです。

そもそも「話しかけるだけでキレられて会話になりません…」という方は、もっと根本的な対策が必要になりますので、今度別の動画でお伝えできればと思います。

以上です。今回は、不登校でお悩みの親御さんからの質問にお答えしました。スダチ(旧逸高等学院)では、不登校解決方法が学べるオンラインセミナーを無料で開催しております。不登校でお悩みの方は、ぜひ概要欄のリンクから気軽にご参加ください。公式LINEで質問も受け付け中です。また、インスタもやってますので良かったら覗いてみてください。本日は最後までご視聴いただきありがとうございました。

  • この記事を監修した人
小川 涼太郎(おがわ りょうたろう)

小川 涼太郎(おがわ りょうたろう)

スダチ(旧逸高等学院) 代表
株式会社スダチ 代表取締役社長

業界最速で不登校を解決する「3週間で不登校解決プログラム」を展開。毎年500名以上の不登校に悩む親御さんが相談に訪れる。

再登校までの期間は平均で3週間。
当プログラムの目的は、「子ども達がこの先の人生を幸せに生きていくこと」。不登校の解決はそのための通過点に過ぎないと考えており、できる限り短い期間で再登校することを大事にしている。

これまで不登校の子ども達に向けたボランティア活動を通し、多くの不登校の子どもたち、保護者様と関わる。

ボランティア活動を通して、子ども達や親御さんとお話しする中で、「本当は学校に行きたい、だけど行けない。自分でも行けない理由が分からない」子ども達が多くいることを知る。

そのように苦しんでいる子ども達や親御さんを見て、「不登校で苦しむ子供たちを一人でも多く救いたい」との思いを持つようになり、不登校支援事業を立ち上げるに至る。

-YouTubeで不登校を学ぶ

© 2022 スダチ(旧逸高等学院)